前へ
次へ

ヘアケアする時の刺激は要注意

数年ほど前に、私はある美容師の方から興味深い話を聞いた事があります。
ヘアケアのコツです。
結論を申し上げれば、髪の毛にダメージを与えたくない時は、あまり強くこすらない方が良いでしょう。
ソフトタッチで洗髪するのが望ましいです。
上記のスタイリストの話では、洗髪する時にはあまり力を加えない方が良いと話していました。
むやみに力を加えて洗髪するのではなく、ある程度力加減をする方が良いという話を聞き、とても興味深いと感じました。
専門職の方がそのように話している以上、やはり過剰に力を加えない方が良いのでしょう。

クレジットカード決済

BPO 給与計算

データ入力代行 東京

居酒屋 ロケ

東京 エステ クレジットカード

なぜ力を加えるべきでないかというと、もちろん頭皮に対する負担です。
そもそも髪の毛は、頭皮の肌に生えているでしょう。
いわゆる土壌部分です。
その土壌の上に髪の毛という植物が生えているようなイメージになります。
植物が健やかに育つかどうかは、やはり土壌の状況に左右されるでしょう。
あまり土壌の状況が芳しくなければ、植物も育ちづらくなってしまう可能性があります。
全く同じ事は、頭髪にも言えます。
むやみに土壌部分を強くこすってしまえば、植物が育ちづらくなる可能性があるでしょう。
ですから、やはりソフトタッチで洗浄するに越した事はありません。
それと普段使用している洗髪剤も、注意を要するでしょう。
あまり強い洗髪剤は使わない方が良いという話も聞きました。
洗髪剤によっては、肌に対する刺激が強い事もあります。
特にアルコールを含んでいる洗髪剤などは、少々注意を要するでしょう。
アルコールは乾燥させてしまう性質がありますから、あまり肌にはやさしくありません。
洗髪剤の成分などを確認して、肌にマイルドな製品を使用するのが望ましいです。
このようにヘアケアする時は、刺激は要注意です。
あまり力を加えずに洗浄すると共に、刺激が弱めな製品を使ってみる方が良いでしょう。
ちなみに美容師に相談してみると、そのようなアドバイスも教えてくれます。
普段通っている美容師と世間話する時には、ヘアケアのコツも質問してみると良いでしょう。

Page Top